論文のポイント

前回、面白いとして受理される様な論文は
1. 価値ある新しい知識を与えてくれる
2. 意外性がある
3. 広範な情報から一般性を導く
のいずれかに当てはまるだろうと述べました。
この記事を読む様な方は、ほとんど1のパターンに当てはまると思います。

論文を書くとなると、その構想・あらすじを考えなければなりません。その時に、何が一番大切なポイントになるかを中心に考えるべきです。
上に述べた1の場合なら、「新しい知識」は何か?という事になります。

このポイントがはっきりすると、論文で何を書くかという骨組みは自動的に決まってきます。
イントロダクションでは過去の研究を総括して、これから述べるポイントが何故価値があり、どこが新しい知識なのかをはっきりとさせましょう。
実験項では、特に主張すべきポイントが信頼できると分かる様に、方法を記述しましょう。
そして、結果と考察で自分の主張を述べればよいのです。
結論としては、ポイントの部分がハッキリと分かったとすればよいわけです。

人気blogランキングへ
[PR]
by tosakam | 2005-06-07 23:18 | 論文作成
<< 判断基準 テーマの決定 >>