Meepのインストール (おまけ) 失敗の経緯

せっかくなので、Meepインストール成功に至るまで経験した失敗についても、お知らせしておきます。

(1)libctrlとGuileのバージョン
 運が悪ければ、この段階で諦めてました。
 たまたま、Cygwinのインストールで最初に選んだサーバからダウンロードしたGuileがVer. 1.6.7-4でした。Meep Installのガイダンスでguile-develのソースが必要だと分かり、このバージョンのソースをインストールして、./configureを無事に完了することが出来ました。
その後、Cygwinのダウンロードサーバを変更するとGuileが新しいバージョンになったのですが、その場合にはエラーになり./configureで止まりました。たまたま古いバージョンのGuileを使う環境にならなければ、どうすればよいか見当付かなかったと思います。

(2)libctlとライブラリ
 上のようになんとか./configureをクリアできても、最初のうちはmakeでエラーになり、libctlをコンパイルすることが出来ませんでした。ディスク容量節約のため、Cygwinをインストールする際、パッケージ内にある必要最低限のモジュールだけを選ぶようにしていたのですが、それが裏目に出たようです。
 LibsやDevelのパッケージを全部選択するようにして、やっとコンパイルエラーが無くなりました。

(3)HDF5のインストール
HDF5のホームページ内にはたくさんの情報があるのですが、それだけにかえってCygwinにインストールするための情報を探すのが大変でした。
HDF5はC, C++, Fortranのライブラリを作成することが出来ますが、Meepのコンパイルにどれが必要なのか分かりません。
また、HDF5をどのフォルダにインストールすればよいのかも分かりませんでした。

この状態で、安定なHDF5 Ver. 1.6.5をインストールしようとしましたが、コンパイルで失敗します。色々と試行錯誤し、とりあえずCとC++のライブラリ作成に限ればコンパイルとインストールの出来ることがわかりました。

しかし、Meepについて./configureを実行する際には、HDF5が見つからないようなメッセージが出ます。

諦めかけたところで、HDF5のホームページにHDF5 Ver. 1.6.5はCygwinに対応していないとの記述を発見!Ver. 1.8.0 Beta2を使って、やっとC, C++, Fortranのライブラリをインストールできました。

それでもMeepについて./configureを実行すると、HDF5が見つからないようなメッセージが出ます。HDF5のインストールフォルダが認識されていないのかと考え、色々な場所にインストールを試みたのですが、いずれの場合もMeepの./configureにHDF5が認識されないのは同じでした。

もう完全に諦めていたのですが、最後だと思いSzipをインストールするディレクトリを/usr/localに変えてみました。Meep自体は直接Szipをリンクしないので関係ないと思っていたのですが、HDF5を経由しているので影響するのかもしれません。
結局、これが功を奏してMeepにHDF5が認識されました。

とは言っても、./configueでHDF5が認識されただけです。実際にリンクする段階ではエラーになってしまいました。

(4)Meepのインストール
Meepをコンパイルする際、あるファイルが見つからないということでエラーになり、止まっていました。この問題については、ネットで調べた情報+メーリングリストのアドバイスを基に対応することが出来ました。

人気blogランキングへ
[PR]
by tosakam | 2007-07-21 00:31 | 解析
<< Meepを使う(1) Sche... Meepのインストール (4)... >>